【Apple製品】Magic Keyboard2が神すぎたのでレビュー

先日Magic Keyboard2を買ったのですが、これが超良かったので紹介します。

Μagic Keyboard2はアップル純正のワイヤレスキーボードの2代目でして、1代目が乾電池式のものだったのに対して、2代目では本キーボードは充電端子がiphoneと同じLightningケーブルであり、充電もできるよ、っていうやつですね。

このキーボードが本当に使い心地が最高なんで、ぜひ世の中の人に広めたいなと思う次第であります。まず、なぜ僕がこのキーボードを買ったのかという話なんですが、僕は普段macを使っていまして、macのキーボードってペラペラなんですね。キーが薄いんですよ。ペチペチ。

最近のMacのうっすいキーボードのことをバタフライキーボードと言うんですが、アップルがどうしてもmacbookを薄くしたい、ということで開発されたものなんですね。

まじかよどれだけmacを薄くすることに力を入れてるんだっていう感じです。

しかし、このバタフライキーボードはかなり評判が悪く、最近出たMacbook Proの15インチ版では、バタフライキーボードではなく、シザーキーボードという、昔のものに戻りました。キーストロークが深いやつですね。

シザー式キーボード搭載の新「MacBook Pro」「MacBook Air」、第2四半期に登場か

プログラマーとして働いていることもあって、タイピングもめっちゃするので、どうしても長時間の使用になると、指が痛くなってくるんですよ。

そうなると仕事の効率も低下するし、日常的に指が痛くなるし、これはどうにしかないとマズいな、ということでMagic Keyboard2を買うことにしました。

で、実際にMagic Keyboard2を使ってきて数ヶ月が経つんですが、やっぱり最高です。いろいろ理由があるので、順に紹介していきます。

キーストロークが深いので、指が痛くならない

まず一つ目、Macのバタフライキーボードとは違い、キーストロークがそこそこあるので、長時間の使用でもまったくと言っていいほど指が痛くならないです。僕みたいなエンターキー「カタカタ、カッターン!」とフルパワーで押す人も安心です。

かっこいい

さすがアップルというか、このMagic Keyboard2はめちゃめちゃかっこいいです。アルミニウムの外枠、若干の傾斜がついた土台。一つ一つのキー。どれをとっても美しい。

このキーボードを使っているだけで、自分が格上げされたような気分になれます。テンションが上がるんですよ。

僕はこの記事の原稿をiPad + Magic Keyboard2で書いているんですが、普通にmacに打ち込めばいいであろうところを、わざわざこうしているんですよ。なぜかってこのキーボードで文章を打ち込みたいから。

キーボードを叩くのが気持ちいい

一流のキーボードはキーを叩くという行為自体もワンランク上の体験として提供してくれます。Magic Keyboard2もその一つ。生まれてこの方20年ぐらい、キーボードを叩くことがこれほど気持ちいい行為だとは知りませんでした。

キーボードを叩くことを打鍵といいます。この言葉はピアノのキーを叩くときにも使われる言葉ですが、Magic Keyboard2は、まるでピアノを引いているかのような心地よい陶酔を味わうことができます。

そんなキーボードは滅多にあるものじゃありませんよね。

キーボードの打鍵音が気持ちいい

キーを押したときに出てくる音がたまらなく気持ちいいです。癒やされます。タイピングがノッているときは、リズミカルに「カチャン」という音が続いていくのですが、めっちゃ楽しいです。

僕はMagic Keyboard2を使った自分のタイピング動画を撮って、それを自分で眺めて恍惚に浸っているんですけど、それぐらい楽しい。

無駄なく動いている自分の指さばきと、それに続く打鍵音とコンビネーションは、まさにピアノとかオーケストラと言っても過言ではないです。いや、さすがに過言かな笑

さっきから、Magic Keyboard2はかっこいいとか、気持ちいいとか、そういうことばかり書いてますが、本当なんですよ。そうじゃなかったらこんなアホみたいな文章書いてないです。

Magic Keyboard2を使いたいからこそ、記事を書く、そしてそのために記事のネタを探すようになるんです。カラーバス効果ですね。

要は、仕事の効率がめっちゃあがるし、生産性も爆上げされるんですよ。このキーボードを使ってプログラミングをしている姿がかっこいいから、頑張ってプログラミングする、みたいな場合もあります。

Magic Keyboard2はキーボードにしてはちょっとお高いですが、高級キーボードって、大体どれも1万 ~ 3万ぐらいしますし、その中ではアップルのキーボードは安い方です。

たった1万ぽっきりで、仕事が楽しくなって、生産性も向上する、って考えたら、余裕で元が取れますよね。僕はこのキーボードでタイピングがしたいがために、ブログ記事を書きまくっているので、ROIは100とかかな?

1万の投資が何十倍にもなって返ってきてます。

そんなわけでMagic Keyboard2、おすすめです。