webベースで全ての仕事が完結する時代

便利な時代になりました。ネットさえつながれば、ブラウザさえ開ければすべての仕事が完結するようになる時代です。これもすべて、Googleさまのおかげです。

僕はエンジニアをやっているからよくわかるのですが、この便利さはやばいです。革命的。めちゃめちゃ楽なんですよ。

エクセルいらない、パワーポイントいらない

何がすごいのかというと、まずデスクトップアプリが必要なくなります。例えばマイクロソフトのエクセルとかパワーポイントとか、あそこらへんをインストールしなくても仕事ができるようになります。

Google Spreadsheetとか、Google Slideがあるからですね。わざわざマイクロソフトのライセンスを購入するなんて面倒でお金がかかることをしなくても、Googleのアカウントさえあれば、大抵の仕事ができちゃうんですよ。

もちろん、スプレッドシートとエクセルを比べてみると、エクセルのほうが高機能だったりするのですが、よっぽどのことがない限りスプレッドシートだけで完結するはずです。

GSuiteで一元管理

そしてGSuite。これが鬼のように便利なんですわ。GSuiteで社内の人間を管理することで、セキュリティ対策も情報共有も、社員の入社・退社も一元で管理できるようになります。めっちゃ簡単に。

GSuiteを知らない方のためにざっくり説明をしますと、Googleが提供している、社内のアカウント管理ツールです。会社専用のメールアドレスを発行して社員に割り当てることができますし、社内の人間にのみスプレッドシートを共有する、なんてことも簡単にできてしまいます。

退職の手続きも恐ろしく簡単です。

GSuiteのアカウントを停止するだけで、スプレッドシートなどにはアクセスできなくなりますし、仕事に必要なデータはすべてクラウド上にあるので、アクセスさえできなくさせれば、それだけで退職の手続きは完了してしまうんですよ。

すべての道はSlackに続く

Slackのおかげで、コミュニケーションは劇的に効率化されました。Slackをハブにして、色々なサービスを連携し、すべての情報をSlackに集結させることができます。

知識の保管庫、社内Wiki

そして社内wikiの作成もすべてブラウザ上でできてしまいます。

Growiとか、Scrapboxとか、そういう便利なwebアプリを使えばほら簡単。社内の知識がストックされていき、新しく入った人は、wikiとslackをたどるだけで、その会社のことがある程度把握できてしまうという。

最近どんどん流行ってきているNotionというアプリがあります。Notionも、デスクトップアプリはあるのですが、webでももちろん利用することができますし、使用感はどちらもほぼ変わらないじゃないですかね。

全部全部クラウドのおかげ

なぜこのようなことが可能になったのか。それはすべてクラウドのおかげなんですよ。クラウド上にデータをアップロードしておけば、自分の端末にデータを保存しておく必要はありません。

ネットさえつながれば、どんなタイミングでもクラウド上からデータを持ってこれるからですね。つまり、ブラウザ上でアプリを開き、データを要求すれば、それだけで仕事に必要な情報が手に入るという。

パソコンとwifiさえあれば、どこからでも働けるという、いやぁ便利な時代になったものです